まめくま
面白記事まとめサイト

RSSヘッドライン

1:2017/11/25(土)21:08:22 ID:
いつしかスレ立てたんやが覚えてるおんJ民はおるやろか
アジアンのワイや
今までスレ立てなかったけど結構デリヘル呼んだからもう最初のような初々しさは無いけど、成長したワイを親のように見守ってくれたら嬉しい

じゃあ書くで
2:2017/11/25(土)21:09:25 ID:
今日は土曜日。一週間のうちで最も気楽な曜日と言っていいだろう。朝9時、風の音で目が覚めた。
ワイは寝惚け眼で洗面台へ向かった。顔を洗おうと思って見遣った鏡には「デリヘル」の張り紙があった。
そう。今日は土曜日。
デリヘルを呼ぶのである。

3:2017/11/25(土)21:10:15 ID:
電話帳に登録された番号にかけると、渋い声の男性が応対した。
コースと時間と嬢のタイプ(大きめの娘)を手短に伝え、向こうからいつもの金額が提示される。すっかり慣れたものだ。
11:00に来るとのことだ。
4:2017/11/25(土)21:10:58 ID:
10:57、ワイはマンションのエントランスで寒風に吹かれていた。
それらしき車の到来を待ちつつミンティアを噛む。この頃は冷え込んで、もうすっかり冬である。冷める大気とは裏腹に、人の情欲は燃え盛る。
6:2017/11/25(土)21:11:34 ID:
と、そこに、意外な車がロータリーに入って来た。
そしてその車は、ワイの神経を張り詰めさせるには十分な衝撃を与えた。

大型車である。
8:2017/11/25(土)21:12:09 ID:
いつもは安そうな小型中古車で嬢が運ばれて来るはずだが、今回はなぜか大型車
なぜ1人の嬢を運ぶのに9人乗りのワゴンが必要なのだろうか
偶然予約時間が重なった他の嬢も乗り合わせているのであろうか
そうあって欲しかった。
そんなワイの儚い希望は、ワゴンのドアが開くと同時に打ち砕かれた。

▼人気記事ピックアップ▼

 

10:2017/11/25(土)21:13:26 ID:
全長約1.7m、総重量は100kgは下らないであろう肉塊が大地を揺るがし降り立った。

なんだこの怪物は。規格外すぎる。

異形がワイの方に手を伸ばす。
ワイは咄嗟に身構えた。
片手で頭を捻じ切られるビジョンが見えたのだ。 そんな杞憂は他所に異形が音を発した
「みゆです。今日はお願いします」
ワゴンが逃げ去る音が冬空に響いた。
11:2017/11/25(土)21:13:40 ID:
店舗型は経験上ほぼ地雷ないぞ
12:2017/11/25(土)21:13:46 ID:
ワゴンが逃去で草
14:2017/11/25(土)21:14:07 ID:
イッチ「こいつは…モンスター…!」
15:2017/11/25(土)21:14:15 ID:
よく入れたな
16:2017/11/25(土)21:14:17 ID:
安藤なつが頭に思い浮かんだワイ
17:2017/11/25(土)21:14:23 ID:
エレベーターの中、ワイはおしら様に押しつぶされる千尋の気持ちを味わっていた
やたらとサービス旺盛で乳を押し付けて来たがもはやどこが乳かもわからない
ワイはただ温もりに包まれながら、このエレベーターの許容重量は600kgなんだなぁなどと思った
18:2017/11/25(土)21:15:00 ID:
とりあえずパンツ脱いどく
19:2017/11/25(土)21:15:20 ID:
ついに化物が我が根城の敷居を跨いだ
もう後戻りはできない
今回ばかりはキャンセルの手も考えた。しかしワイは仮にもデブ専。これくらいで怖気付いてどうする。
画面の中で押しつぶされる男優を羨んでいたあの日の自分はどうした。
立つ鳥肌を抑えんとして、ワイの心は奮い立つ。
20:2017/11/25(土)21:16:11 ID:
デブ専なら100きたからってピヨるなよ
21:2017/11/25(土)21:16:23 ID:
なんやこれ
22:2017/11/25(土)21:16:29 ID:
会計を済ませ、世間話もそこそこに風呂場に入る
やはりここでもおしら様現象が発生したが、AVで見た「デブ専風俗探検記~肉塊サンドイッチ~」をあやふやに思い出し、なんとか勃たせようと自己暗示する
結局ワイは立ちながらにして擬似マットプレイを体験した
そこそこ気持ち良かったのが怪物の憎めないところだ
23:2017/11/25(土)21:16:58 ID:
そらもう肉のなせる技や
24:2017/11/25(土)21:17:04 ID:
これはひどい
25:2017/11/25(土)21:17:19 ID:
ある意味いい経験やな
26:2017/11/25(土)21:17:25 ID:
かわええやん怪物
27:2017/11/25(土)21:17:39 ID:
ワイは異形の者をベッドへと導く
いつも通りクンニをしようとしたワイは、嘗て無い大きな壁にぶつかった
ま○こが見えないのだ
今まで10人を超える嬢のほとを見てきて、酸いも甘いも味わったつもりであった。しかし今回はどうだ。味わえないじゃないか。
だがしかし、知っての通りこんなところで挫折するワイじゃあない
肉を掻き分け掻き分け、洞穴を目指す。
30:2017/11/25(土)21:18:19 ID:
ヒエッ...
31:2017/11/25(土)21:18:56 ID:
今までクンニしてきたデブは並べてま○こが臭かった
その経験から相当な臭さを覚悟して息を吸い込んだが、驚くほどに無臭であった
大幅加点である。
もうすっかりルーティン化したクンニで嬢を責める。
異形は割と可愛い声で喘いだ。
32:2017/11/25(土)21:19:12 ID:
34:2017/11/25(土)21:20:00 ID:
自由自在のベロテクで0分針での軽イキを達成したワイは、早くも素股に移る。

100kgの贅肉がワイの視界を埋め尽くした
死ぬほど腰が痛い
股関節が砕けそうだ
ワイの愛息子は外気との連絡路を断たれ悲鳴を上げている
唯一の救いは下方に避難していた睾丸であろうか
37:2017/11/25(土)21:20:43 ID:
童貞卒業でこうも文才がつくのか...
38:2017/11/25(土)21:20:47 ID:
素材を活かして腹こきやってもらえや
39:2017/11/25(土)21:20:47 ID:
俺は好きだよ
41:2017/11/25(土)21:21:09 ID:
近所で道路工事がやってたっけな
その一角でロードローラーに押し固められていたアスファルトが走馬灯のように浮かぶ
ワイはここで死ぬのか。
狭いマンションの薄暗い一室で、素性も知らぬ化物の下敷きになって圧死するのか
42:2017/11/25(土)21:21:41 ID:
冒険家の心境
43:2017/11/25(土)21:21:59 ID:

嫌だ。死んでたまるか。

ワイは嬢の目を見つめ、はっきりと言った。

「そろそろ挿れるね」

一転攻勢だ。
46:2017/11/25(土)21:22:28 ID:
気分はインディジョーンズ
47:2017/11/25(土)21:22:32 ID:
そこからは電光石火の早業であった。
異形が頷くや否やベッドのサイドテーブルから0.02mmのゴムを片手で取り出し、容器を口で開封し目にも留まらぬ速さで装着。
もう片手では怪物に四つん這いを促しま○このぬめりを確認する。
オラァ!
勢いそのままワイはぶち込んだ。
可愛い喘ぎ声がする。
52:2017/11/25(土)21:23:25 ID:
とうに童貞を捨て去っていたワイにはもう迷いはない。後ろから見るともはやなんの生き物かわからぬ物体に腰を打ち付ける。
ウォォォォ!
もうヤケである。知性や理性は肉塊に押し潰されてしまった。
そのまま腰を振り続け、痙攣する肌色とともにワイは果てた。
53:2017/11/25(土)21:23:33 ID:
ええんやで
続けてくれ
54:2017/11/25(土)21:23:57 ID:
再びおしら様シャワーを終え、彼女を送り出す。気持ち良かったという旨を伝え、ジュースを手渡す。
いっぱい飲みそうだから特別に2本くれてやった。
もう別れの時間だ。
57:2017/11/25(土)21:24:22 ID:
>>54
やさc
59:2017/11/25(土)21:24:30 ID:
有能
61:2017/11/25(土)21:24:40 ID:
最後の最後に、みゆは謝った。
消え入るような小さな声で、
「こんなデブでごめんね」
と言った。
ワイはかぶりを振った。
「いいや、とても気持ち良かったよ。ありがとう」
みゆは諦めたような悲しげな顔で少し笑い、退出した。
63:2017/11/25(土)21:25:01 ID:
>>61
紳士やな
62:2017/11/25(土)21:24:44 ID:
ええ奴過ぎる...
64:2017/11/25(土)21:25:11 ID:
ガチャンという冷たい金属音で我に帰る。隣にぽっかりと空いた空間が、どこか寂しかった。

おしまい
65:2017/11/25(土)21:25:16 ID:
ちょっといい話になって草
74:2017/11/25(土)21:27:37 ID:
イイハナシダナー
75:2017/11/25(土)21:27:42 ID:

ほな、また…
77:2017/11/25(土)21:30:19 ID:
普通に笑った

 


「いいね」してまめくま最新記事をチェックしよう!

▼人気記事ピックアップ▼

 

RSSヘッドライン